PayPayマネー・ライトの買取について

現在の買取率
  • PayPayマネー・ライト
    PayPayマネー・ライト
    86
    .00
    %
初回買取・2回目以降の

高価買取

24時間営業・安心の法人営業

振込手数料無料

最短10分振込完了

ギフト券
16種類に対応

  • Amazonギフト券
  • iTunes
  • GooglePlay
  • Nintendoプリペイドカード
  • Appleストアギフトカード
  • プレイステーション
  • 楽天ポイントギフトカード
  • WebMoney(ウェブマネー)
  • Bitcash(ビットキャッシュ)
  • Mobage(モバコイン)
  • nanacoギフト
  • LINEプリペイドカード
  • U-nextギフトコード
  • DMMギフト
  • JCBプレモカード
  • DMMポイントコード
  • PayPayマネー・ライト

    振込までの
    時間目案

現在の買取率
  • PayPayマネー・ライト
    PayPayマネー・ライト
    86
    .0
    %
初回買取・2回目以降の

高価買取

振込手数料無料

24時間営業・安心の法人営業
最短10分振込完了

ギフト券16種類に対応

  • Amazonギフト券
  • iTunes
  • GooglePlay
  • Nintendoプリペイドカード
  • Appleストアギフトカード
  • プレイステーション
  • 楽天ポイントギフトカード
  • WebMoney(ウェブマネー)
  • Bitcash(ビットキャッシュ)
  • Mobage(モバコイン)
  • nanacoギフト
  • LINEプリペイドカード
  • U-nextギフトコード
  • DMMギフト
  • JCBプレモカード
  • DMMポイントコード
  • PayPayマネー・ライト

    振込までの
    時間目案

    10

NEWS

現在の買取率

2024年05月26日 01:24 現在

paypayの買取について

PayPayは、スマホを通してバーコードを表示するか、QRコードを読み取ることでお支払いができる決済方法です。


PayPayにはいくつかの種類に分けられますが、送金が可能なPayPayマネー、PayPayマネーライト、PayPayギフトカードに関しては現金化も可能です。


本記事では、PayPayの概要や現金化について詳しくご紹介していきます。


PayPay現金化について


PayPay残高のうち、口座から出金するという方法で現金に戻すことができるのは「PayPayマネー」だけです。


公式の手順を踏んで手続きすることで金融機関の口座から出金することが可能となっています。


口座から出金する以外にも、PayPay残高を現金化する方法があるので順に解説します。


この後紹介する方法は、PayPayマネー以外も現金化が可能です。


まずは公式に出金が認められているPayPayマネーの現金化(出金)方法について確認していきましょう。



PayPayの種類について


PayPay残高の種類には以下の4つがあります。


  1. PayPayマネー
  2. PayPayマネーライト
  3. PayPayポイント
  4. PayPayボーナスライト


この中で送金が可能となっているのが、PayPayマネーとPayPayマネーライトです。


したがって、PayPayマネーとPayPayマネーライトはワンギフトにて買取を行っています。


また、企業がプロモーションなどを目的に提供する「PayPayギフトカード」というものもあり、こちらも買取を行っています。


まとめると、ワンギフトで買取を行っており現金化が可能なPayPayの種類は、「PayPayマネー・PayPayマネーライト・PayPayギフトカード」の3種類です。


PayPayの購入方法


PayPayマネーとPayPayマネーライトのチャージする際に可能な決済方法は以下となっています。


【PayPayマネーのチャージ方法】


・銀行口座

・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金

・現金(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMの利用)


【PayPayマネーライトのチャージ方法】


・銀行口座

・ヤフオク!・PayPayフリマの売上金

・現金(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMの利用)

・PayPayあと払い

・PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)

・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い


PayPayの使い道


コンビニやドラッグストア、スーパー、飲食店、本屋、衣類、宿泊施設など幅広い分野の提携店があります。


また、実店舗だけでなくネットサービスや請求書のお支払いにも対応しているサービスもあります。


PayPayが使えるお店はこちらでご確認ください。


PayPayの主なご利用可能店舗


PayPayマネーの現金化(出金)方法


PayPayマネーを口座から出金するには、アプリから以下の手順で手続きします。


  1. ①PayPayアプリを開く
  2. ②画面下部の「ウォレット」もしくは「残高」をタップする
  3. ③「出金」をタップする
  4. ④出金先の銀行口座を指定する
  5. ⑤出金希望額を入力し、「出金する」をタップする


なお、PayPayマネーを出金するためには事前にPayPayアプリから本人確認を済ませておく必要があります。


本人確認は画面下部の「アカウント」から「詳細」をタップし、「本人確認・口座認証」から手続きできます。


マイナンバーカードもしくは運転免許証(運転経歴証明書)が求められるため、用意しておいてください。


PayPayマネーの現金化(出金)にかかる時間と手数料


PayPayマネーを出金する際の所要時間と手数料について説明します。


所要時間は出金する口座によって変わる


PayPayはPayPay銀行とそれ以外の銀行口座に出金する場合で取り扱いに差が出ます。


PayPay銀行の口座に出金する場合は、基本的に即時手続きが完了します。


PayPay銀行以外の銀行に出金する場合は最短で翌営業日、ゆうちょ銀行の口座から出金する場合は最短でも3営業日ほど時間を要します。


PayPay銀行以外は手数料がかかる


PayPay銀行への出金は手数料が無料です。


PayPay銀行以外の銀行口座への出金は100円の手数料がかかります。


出金の最低金額


口座への出金は最低金額が100円からとなっていますので、手数料がかかる場合は最低でも200円の残高がないと実行できません。


2019年9月29日以前のチャージ分は出金不可


現在は銀行口座へPayPayマネー残高の出金が可能となっていますが、2019年9月29日以前は出金不可でした。


そのため、出金ができるのは2019年9月30日以降にチャージされたものに限られます。


2019年9月29日以前にチャージされた残高はPayPayマネーライト扱いになるため、出金することはできませんので注意してください。


PayPayあと払いの利用枠を現金化する方法


本来PayPayマネー以外は出金できませんが、以下の手順で「PayPayあと払い」を現金化することが可能です。


PayPayあと払いの登録とPayPayバーチャルカードの発行にはお金はかかりません。


この方法なら、現時点でPayPayの残高が0円でも、あと払いの審査に通過すれば、利用枠を現金化することができます。


それでは、PayPayあと払いの利用枠を現金化する方法を詳しく解説します。


  1. ①PayPayあと払いに登録
  2. ②PayPayバーチャルカードを発行
  3. ③PayPayバーチャルカードで購入した商品を業者に買い取ってもらう

手順①PayPayあと払いに登録


まずは現金化に必要なPayPayバーチャルカードを発行するため、PayPayアプリからPayPayあと払いに登録します。


PayPayあと払いは年会費永年無料、登録料無料、支払い遅延やリボ払いを利用しない限り手数料は発生しません。


登録方法はPayPayアプリを開き、「あと払い」を選択し、必要事項の入力をして申し込みします。


申し込み後の審査は最短2分で完了します。


PayPayあと払いの基本情報

上限額:最大50万円/日

支払い方法:口座引落、リボ払い

支払い期日:翌月27日


②PayPayバーチャルカードを発行


PayPayあと払いに登録すると、PayPayバーチャルカードが自動で発行されます。


PayPayあと払い決済を利用できるのはPayPay加盟店だけですが、PayPayバーチャルカードはオンラインのクレジット加盟店でも利用できます。


なお、PayPayバーチャルカードの支払い方法は口座引落となり、PayPayあと払い登録時に入力した口座から翌月27日に引き落とされます。


手順③PayPayバーチャルカードで購入した商品を業者に買い取ってもらう


PayPayバーチャルカードを使って、換金率の高い商品を購入し、業者に買い取ってもらうことで現金に変えることができます。


購入する商品は市場で人気のある換金性の高いものを狙って売却することで少しでも損失を少なく現金化することができます。


換金性の高い商品の例としては、時計やバッグ、ブランド品、ゲーム機などがあります。


ただし換金性の高い商品のうちAmazonギフト券やiTunesカードなどの電子ギフト券はPayPayで購入することができません。


PayPayマネー以外を現金化する方法


PayPayマネー以外は出金できないと先述しました。


しかし、銀行へ出金できないPayPayマネーライトなどの残高も、PayPayあと払いの現金化方法と同じ方法で現金化が可能です。


PayPayを使って換金性の高い商品を購入し、それを買取専門店やリサイクルショップなどで売却することで現金に換えられます。


こちらはPayPayマネーライトを始めすべてのPayPa残高で使える方法ですので、ボーナス運用ポイントなども現金化ができます。


PayPayで受け取ったマイナポイントを現金化する方法


PayPayで受け取ったマイナポイントを現金化することは可能です。


ただし、マイナポイントは出金不可のPayPayポイントとして付与されるため、公式の方法で出金することはできません。


そのため、手間はかかりますが、前章で紹介した方法で、換金性の高い商品を購入し、買取専門店やリサイクルショップなどで売却することで現金に換えることになります。


PayPayでAmazonギフト券などの金券の購入はできない


換金性の高い商品というと、Amazonギフト券などの金券が思いつく方も多いはず。


しかし、PayPayではAmazonギフト券のような金券は購入できません。


決済方法にPayPayが選べるヤフオク!でも、金券類の購入時に使える決済方法は現金のみとなっています。


PayPay現金化の注意点


PayPayを現金化するにあたって、以下のような注意点があります。


PayPayバーチャルカードの上限額は人によって違う


PayPayバーチャルカードの上限額は最大で100万円程度ですが、発行した直後は上限額は数万円の可能性があります。


支払い遅延すると年率14.6%の遅延損害金が発生


PayPayバーチャルカードは、翌月27日に後払いできる便利なサービスですが、支払いが遅れると年率14.6%の遅延損害金が発生します。


そうなると、せっかく現金化しても、遅延損害金を支払う分損してしまいます。


リボ払いをすると手数料がかかる


PayPayあと払いの年会費・登録料は無料ですが、支払い方法にリボ払いを選択すると実質年率18.0%の手数料が発生します。


高い手数料が取られてしまうので、できるだけ翌月27日の期限までに支払える金額の利用に留めましょう。


PayPayの換金方法


Amazonギフト券やiTunesカードなどの主要なギフト券は、以下の方法で現金化が可能ですが、PayPayに関しては現金化できる方法が今のところ1つしかありません。


  1. 買取サイト
  2. オークションサイト
  3. 店頭買取


現在、PayPayを現金化できる唯一の方法は、買取サイトで買い取ってもらうことです。


しかし、PayPayの買取を行なっている業者は少なく見つけるのが困難です。


ワンギフトではPayPayの買取を行っていますので、現金化をお考えの方はぜひご利用ください。


また、PayPayをクレジットカードで購入して現金化しようとしている場合は、クレジットカードを現金化するという方法も考えられます。


クレジットカード現金化とは?


クレジットカード現金化業者を通してクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法があります。


しかし、本来クレジットカードは現金を手に入れるために使用するものではないのでリスクが大きく、トラブルに巻き込まれる可能性も多々あります。


ギフト券買取サイトとクレジットカード現金化の違い


クレジット現金化はショッピング枠を現金化するのに対し、ギフト券買取サイトは手持ちのギフト券を現金と交換するだけという違いがあります。


ギフト券をクレジットカードで買った後に、買取サイトに買い取ってもらうことで結果的にクレジットカードを現金化したのと同じ意味合いになりますが、クレジットカード現金化業者を使うよりもトラブルに巻き込まれたりするリスクがほぼなくなります。


クレジットカード現金化業者によるクレジットカード現金化では指定された商品をクレジットカードで購入して業者に買い取ってもらったり、商品購入の特典として現金を払ってもらったりするのが一般的です。


このやり方は不透明な部分が多いのでクレジットカード現金化業者に依頼することは不安を伴います。


そのため、自分でギフト券をクレジットカードで購入し、高い換金率の買取サイトを選び買取してもらうという方法が選ばれるようになってきています。


ギフト券買取サイトはクレジットカード現金化より買取率が高いのが魅力


ギフト券買取サイトでの現金化は、クレジットカード現金化業者を利用するよりも買取率が高く設定されていると言われています。


なぜかというと、PayPayは人気のある決済方法として多くの人に使われているからです。


現金と同じように利用することができるPayPayは、ほぼ現金と同じ価値を持っています。


そのため、買取率が高く、より好条件で現金化することができるのです。


ギフト券買取サイトはクレジットカード現金化より安全


ギフト券買取サイトでの取引は、顔が見えない相手とネットを通しての取引となるので危ないイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、クレジットカード現金化業者よりも安全性が高いのは間違いありません。


というのも、ギフト券買取サイトはお客様から申し込みがあったギフト券を買い取るだけですので何の問題もありません。


一方、クレジットカード現金化業者は、指定の商品をお客様に買わせてそれを買い戻します。


これはクレジットカード会社の規約が定める利益を目的とした転売に当たるため、規約違反となります。


もしこれがクレジットカード会社にバレたら、クレジットカード現金化業者と利用したお客様はペナルティを受けることになります。


このような意味で、ギフト券買取サイトの方が明らかに安全性が高いと言えます。



ギフト券買取サイトに申し込みをしてから振込が完了し現金が手に入るまでの時間は非常にスピーディです。


買取サイトのホームページを見ると早いサイトで5分、初回の利用で身分証の確認が必要だったとしても大体1時間程で全ての手続きが完了するところがほとんどです。


実際にお金が必要になってしまった時、銀行などに融資を頼みに行くと審査が何日もかかったりすることもあります。


しかし、急遽お金が必要な時に何日も待つのは難しいですよね。


そのことを考えると、買取サイトで現金化するというのはすぐにお金を作ることができる優れた手段と言えます。


利用するにあたっての審査等も一切ありませんので、勤務先の会社に電話がかかってくるかもしれないなどという心配も入りません。


PayPayを換金するなら買取サイト


以上の点を踏まえて現金化するなら買取サイトの利用をお勧めします。


しかし、PayPay残高を買取しているサイトは非常に少ないです。


ですので、探すのが難しくPayPayの現金化を諦めてしまう人もいるでしょう。


ワンギフトは、数少ないPayPayの買取を可能としているギフト券買取サイトです。


もし不要なPayPay残高や現金化したいとお考えの方はお問い合わせください。


PayPayの買取やギフト券の買取は違法?


PayPayやギフト券の買取は違法じゃないかと不安になる方もいらっしゃるかもしれません。


しかし安心してください、PayPayやギフト券を買い取ってもらうことは違法ではありません。


違法だとしたら店頭で堂々と買取をしてくれるはずがないからです。


ただし、最初から換金を目的にギフト券を購入した場合は別です。


クレジットカード会社の利用規則では、現金化を目的とした換金率の高い商品の購入を行うことは禁止されています。


現金化目的でギフト券を大量に購入し、現金化を目的としているとみなされてしまうと、クレジットカードカード会社が定める規約に違反すると判断されてしまう可能性もゼロではありません。


ギフト券を購入する際は、一度に大量かつ高額のギフト券を購入するのは避けて、何度かに分けて購入したりしてリスクを回避することが大切です。


PayPay買取サイトの会社概要の正確性


ギフト券買取サイトを選ぶ際に、どこを利用するか迷ったら、まずは安全性の高さを重視することが大切です。


サポートが充実していて、初めての方でも簡単に利用できる買取サイトかどうかを確認しましょう。


安全な買取サイトには会社概要が記載されています。


その内容を見て正確なものになっているかチェックすると詐欺業者を避けられます。


会社概要には会社名や住所、電話番号などの連絡先が記載されているのが基本です。


住所を見て本当に存在するかや、電話番号や連絡先が虚偽のものではないかといった点はネットで検索すれば簡単にわかります。


会社概要にある内容が正確で、情報量も十分にあるなら安心して利用できるサイトだと判断できます。


ギフト券買取サイト業界は悪質な詐欺トラブルが増えている


ギフト券を買取している業者の中には、悪質な業者も存在します。


もし悪徳業者にひっかかってし+E7まった場合、ギフト券を騙し取られた挙句、お金が口座に振り込まれないというトラブルに巻き込まれてしまいます。


このようなトラブルに巻き込まれないためには業者選びが大切になってきます。


買取サイトを選ぶ際に、少しでも条件がいい業者を利用したいと思うはずですが、あまりに条件が良すぎる業者には要注意です。


ギフト券買取はやり方が限定されているため、業者が取れる利益は手数料位です。


そのため、あまりにも買取率が高すぎる買取サイトには何かあると考えた方が自然です。


安心して現金化するためには、多くの買取サイトと同じような買取率を提示している買取サイトを利用するのが安全です。


PayPay買取の相場


PayPay残高を買取している買取サイトは少ないことから、残念ながら相場がいくらだとは言い切ることはできません。


初めての利用で、本当に提示されている買取率で買い取ってもらえるか不安な場合は、実際にそのサイトを利用したことがある人の口コミを見たり、サイトに問い合わせをして確認するといいでしょう。


PayPay換金の流れ


ここでは、ワンギフトを例に買取サイトの換金までの流れを紹介します。


①買取額を確認


まず自分でワンギフトのトップページから買取額を確認しましょう。


②申し込み


ワンギフト公式サイトの「初回申し込み」を押し、ギフト券種を選び、買取申込フォームに必要事項を記入します。


記入事項は以下の通りです。


・ギフト券の種類

・クーポン

・ギフト券番号

・個人or法人

・氏名(漢字)

・氏名(フリガナ)

・住所

・メールアドレス

・電話番号

・パスワード

・本人確認書類

・振込先金融機関情報(銀行名/支店名/口座区分/口座番号/口座名義)


全て入力したら、「内容を確認する」を押します。


③口座に現金が振り込まれる


確認メールが届き、指定した口座にお金が振り込まれ完了となります。


PayPayを現金化する前に気をつけたいポイント


PayPayを現金化する前に注意すべきポイントをお伝えします。


買取可能な種類かどうかを確認しておく


買取サイト側が買取を可能としている種類のPayPay残高を用意してください。


ワンギフトでは、「PayPayマネー・PayPayマネーライト・PayPayギフトカード」の3種類です。


悪徳業者に注意


買取サイトの中にはPayPayのコードのみを送信させ、買取金額を振り込まない悪徳業者も紛れています。


利用者の口コミや評判などを確認して、安心できる業者を利用してください。


現金を受け取るまでに時間がかかることがある


オンラインで取り引きする場合、PayPayを買い取ってもらい現金が振り込まれるまでに数時間から数日程度かかる買取サイトもあります。


即日現金化したいという方は振込時間が早いサイトを利用しましょう。


優良なPayPay買取業者を選ぶポイント


まず最初にチェックすべきポイントは買取率です。


複数の買取サイトと比較して、相場より高すぎる業者には気をつけましょう。


相場より高い換金率を謳っている業者の場合、詐欺業者の可能性があります。


買取業者の中には、基本的な知識がない人を騙して消えていく悪徳業者が存在します。


さらに、何かと理由をつけて手数料が引かれ、最終的な振込金額が少なくなる業者もあります。


手数料が無料かどうかもチェックしておいてください。


このように換金率や手数料のチェックをするだけでも、安心して利用できる業者かどうかを見極めるポイントになります。


PayPayを高く買取してもらう方法


PayPayを現金化しようと思ったら少しでも高く売却したいと思いますよね。


PayPayを1%でも高く現金化したいなら、以下の方法を試してみてください。


買取サイトのキャンペーンを利用


ギフト券買取サイトでは買取率アップのキャンペーンを開催していることがあります。


キャンペーンの告知は基本的に一度利用したことがあるお客様にメールで配信されます。


月初を避けて申し込みをする


毎月1〜5日は、PayPayの買取率が大幅に下がる傾向にあります。


これは、クレジットカードや携帯決済の利用枠が復活するためで、市場のギフト券の供給量が多くなるためです。


高く換金したい方は、毎月月初は避けて中旬以降に申し込むのをおすすめします。



買取サイトの中には、申し込み金額によって買取率を上げるところもあります。


特に1万円以上、10万円以上では10%も買取率が変わる買取サイトもあります。


少しでも高く換金したい場合は、まとめ売りをおすすめします。


PayPayの買取はワンギフトにお任せ


使う予定のないPayPay残高がある場合は、買取サイトで売却しましょう。


ワンギフトは、デジタルギフト券の買取を専門とする買取業者です。


お客様から申し込みしていただいたギフト券を即日で買取致します。


全ての手続きがインターネット上で完結するため、日本全国どこからでもワンギフトのギフト券買取サービスをご利用いただけます。


混雑状況によっても変動しますが、最短10分で銀行口座へ振り込みが完了するため、急遽現金が必要になった場合に利用することも可能です。


PayPayの売却を検討されている方は、是非ワンギフトまでご連絡ください。


PayPayマネー・PayPayマネーライト買取の初回申し込みページはこちら

PayPayギフトカード買取の初回申し込みページはこちら

各種ギフト券について

  • Amazonギフト券買取
  • iTunes買取
  • GooglePlay買取
  • Nintendoプリペイド買取
  • Appleストアギフト買取
  • 楽天ポイントギフト買取
  • WebMoney買取
  • ビットキャッシュ買取
  • nanacoギフト買取
  • プレイステーション買取
  • モバコイン買取
  • LINEプリペイド買取
  • JCBプレモカード買取

高額買取を実現できる
3つの理由

  • Point1
    ギフト券買取16年の経験

    ワンギフト自体は新しいサイトですが、運営スタッフは電子マネー買取16年の経験があります。
    ギフト券レート変動にも精通しており、販売ルートが豊富で、お客様から買い取ったものを高い金額でスピーディーに販売できるため、高額買取が可能です。

  • Point2
    使用済みのギフト券を
    事前に防げる

    ギフト券買取サイトには、残念ながら現在も使用済みのギフト券を販売される方がいらっしゃるのが現状です。他の買取サイトは使用済みのギフト券が来た場合は赤字となるため、買取率を少し安めに設定しています。


    ワンギフトは独自のノウハウで使用済みのギフト券を買取前に発見することができるため、高い買取率を実現できます。

  • Point3
    継続的にご利用頂くことが重視

    ワンギフトは継続的に安心してお得にご利用頂くことを重視しております。他の買取サイトは初回買取率が高いけど、2回目以降は安いところが多いと思いますが、ワンギフトは2回目以降も高い買取率で運営してます。

    ※それぞれの原稿は追って作成します

最短10分の振り込み
24時間を実現できる理由

  • Point1
    振込専門部署を社内配置

    社内で振込専門部署を配置しております。月初の買取の買取が殺到するタイミングでもスピーディーにお客様へ振込を行えるような体制を構築しております。

  • Point2
    スタッフをシフト制で配属し24時間対応を実現

    スタッフを24時間体制で配属しております。お客様の問い合わせや買取申込に常駐スタッフがスピーディーに対応いたします。

安心して
ご利用頂くための取り組み

  • Point1
    法人営業

    ワンギフトは法人が運営サイトです。安心して買取依頼ください。

  • Point2
    SSL通信でお客様の個人情報を保護

    SSL通信を導入しており、お客様が申込頂いた際の情報を暗号化しております。

  • Point3
    振込手数料無料

    ワンギフトはお振込み手数料が無料です。

    ※ただし10,000円未満のお振込は手数料220円を頂戴致します
  • Point4
    すべての金融機関に対応

    日本のどの銀行でもお振込み対応が可能です。

  • Point5
    ご来店不要

    インターネットから24時間好きな時に買取申込み頂けます。